投資で成功するために | 安定した利益を得られる収益物件の魅力とリスク|老後HAPPY人生

安定した利益を得られる収益物件の魅力とリスク|老後HAPPY人生

不動産

投資で成功するために

不動産投資の失敗には、様々な要因があります。

不動産

裾野が広がってきた不動産投資ですが、一部の成功者の陰には、相当数の失敗者もいるのが現実です。 それでも、投資には失敗もつきものですし、プロの世界でもロスを出すことが避けられないものです。 失敗から学んでいくことが重要で、その為には失敗した原因を明確に認識することが必要になります。 不動産投資の失敗例としては、不動産価格が高騰してから物件を借入などを用いて入手したものの、経年劣化と共に空室リスクが高まり、利回りが下がってしまうといったものが挙げられます。 これについては、景気が過熱する前に物件を購入しておくのが賢明です。一度不動産価格が上がり始めたら、しばらく様子見してみるのもお勧めです。 また、保証会社を利用せずに貸してしまって、明け渡し請求訴訟などに発展してしまうという失敗例もあります。これについては、裁判などに時間と費用がかかる為、金銭的なロスが大きくなってしまいます。したがって、保証会社を利用すると良いでしょう。

不動産を用いた資産運用に挑戦する人が増えた結果、思っていたほどの利益を得られない人も現れています。

日本には特に戦後の一時期、土地は必ず右肩上がりで価格が上がっていくという、いわゆる土地神話といったものがありました。 その成果、不動産投資を勧める業者が増えるのに伴い、サラリーマンなどで借入をして不動産投資に挑戦する人も出てきました。 当初は、マンションなどの一室から始める人が多かったのですが、借入をするにしても、自己居住用ではない為、通常の住宅ローンよりも若干金利が高いローンを利用することになった人が多くいました。 失敗した人の中には、給与収入などの想定を保守的に行わなかったことが原因になった人も多くいたため、現在では投資の為の借入には慎重な個人投資家が増えてきています。 また、空室リスクは一つ若しくは少数の不動産で資産運用する場合には、失敗の原因になることが多いので、無理をせず、余裕資金で行うのが現実的です。